この世とあの世について

さてさてひょんなこと(単なる気まぐれ)で始めたブログのお題集めにたいするあくまで私なりの下手くそな返答です

これをお読みの人は、もし聞きたいことがあれば気軽に#ブログのお題募集中、のツイートか単なるリプで教えてね。ゆっくりだけど、時間があるとき今からのように答えたいと思っているよ!

この世とあの世に関しての質問ということは、この世とあの世の対比を出すということから考えて私のあの世に対する考えを答えれば良いと思うのだけれども、端的に言えばあの世は基本的に信じてないです。でも、昨日御墓参り(みなさん彼岸ですよ!)にも行ったし......意外と難しい。そもそも、結構な割合の人がなぜあの世を信じるのだろう?その理由としてほほーっと以前思ったのが「宗教を生み出す本能」にたしか詳しくは書いていたことなんだけど、まぁ宗教を信じた方が生存に有利だった時代が長く続いていたからだと思うんだよね。しゅうきょーさいこー。実際宗教が果たす役割って結構大きいと思う。(例えば、神様はあなたを見ていますみたいな文言をもしみんながみんな本当に信じるなら、すくなくとも殺人は犯しにくくなったり、善行を積もうみたいな発想にもなりやすいし、もしシャーマン的な立ち位置の人(もしくはシャーマンの発言を決めることができるような王のような人)が優れた人ならば、社会の運営もしやすくなる。みたいな。あと神が与えた身体を粗末にするなみたいなセリフは今でも使われてるよね。というような)宗教を信じる形質そのものが生存のキーになった結果、みんな宗教を信じやすいみたいな話だった気がする。太古と近世では宗教も違うよ!みたいなこととかも書いてたはずだし、結構面白かった。でも、このブログを書くにあたって原著の確認とかしてないから割と適当だし、もっときちんと知りたいみたいな人はさっきの本面白かったし読んでー😓(そもそもそういった文化的な形質が遺伝するのか?ということを信じるには群選択説を信じないといけないよな?とか思ったこともあったりなかったり)だから、みんな無神論者ーとか言いながらなにかしらの宗教めいたものを信じている人って結構多いと思うし、なんだかんだあの世があると信じてる人って結構多いと思う。

でも、宗教もビジネスの一つだ。お墓を作るのにも、死後の名前をつけるにも、お墓に供える花を買うにも(すごい暇なときに寺、墓地と花屋の近さ調べてみたいなぁ、たぶん調べないけど)、線香を買うにも......あの世を信じる人がいることでウハウハな人は結構いそう。私は幼少期宗教には一切触れてこなかったし、宗教で食ってる人にまさしくお布施はあまり払いたくないから、どちらかというと感情的には信じたくない。でも、あの世があるかどうかなんて死んでみないとわからないし、死んだところでわからないかもしれない。あの世という領域はいろいろセコイな。なんというかやっぱり誰も知らないことで神秘的なことを食い物にする人はある種の詐欺師のようなものに感じる。まぁ、「そもそもどこからを詐欺師と呼ぶの?問題」が発生するし、一旦置いておこう。

話を戻すと、だから、あの世に対しては何も想定することができない私は、昨日死んだおじいちゃんのお墓には手を添えて「もし、死後祖父が何かに連続しているならば、その連続したものが快の感情を得られますように」というお祈りをした。我ながらなかなか珍しいお祈りの仕方だと思う。まぁ、でもそもそもその御墓参りに行ったのだって家族の圧力があったからというのもあるし......

話が散らばってしまったけど、結論としては

『あの世を食い物にする輩のことがあまり好きではないからあの世とかなんやらには関わりたくはないけど、私自身も「宗教を生み出す本能」が備わっているからかどうかはわからないけど、あの世の存在を確かめる術はないから家族の圧力があった時のような場合はあの世の存在を一旦受け入れざるをえない。ただ、手を合わせてお祈りするという金銭の授受が発生しない行為はそこまで嫌なわけではない』

って感じかな?

ちなみにあの世の一番いい使い方は金の仏具を買うことで相続税対策をすることだと思ってるよ!!お金持ちのみんなは参考にしてね!!ついでに私を養って!!