読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宗教なき私たちに関する空想(又の名を仮説)

「宗教を生み出す本能」を読んだけれども、これは宗教が人類の進化と歴史に及ぼした影響の解説本。太古では、集団が宗教を信仰することによる優位性から群選択(自然淘汰が個人レベルではなく集団レベルでも起きること)が起きていて、その遺伝子が私たちにも受け継がれているというのがこの本のメインな気がする。ユダヤ教キリスト教イスラム教の起源とか、宗教は教典が重要視されているがそれにも変遷があるとか射程範囲が広い本だった。

では、筆者の仮説が正しければ、われわれ日本人にも宗教を信仰する器官が存在するのではないだろうか?では、そもそも宗教がどういうものかを語らなければならないかもしれない。私はこの本を読むまで、宗教に対して絶対的な教典があるようなイメージがあったが、どうやらそうではないようだ。結果として残ったメジャーな宗教に原典があるだけで、宗教は集団の統一化、敵に対して敵対心を抱くことの正当化による生存競争における優位性の確保のための装置の一つであるように感じた。古代から存在するその装置の仕掛けは神という隔絶している存在を信じるということだったのだろう。そして、その宗教を信じる遺伝子があったおかげで、私たちはここにいるかもしれない。いやいや、はりねずみ。私たち日本人は無神論者の方が多いではないか、宗教の遺伝子とか言われても......と思う人は振り返ってみてほしい。われわれの75年程度前の祖先が天皇を現人神と見立てて祀っていたということを。75年程度前というと世代でいうと3回転しているかどうかくらいである。その時の遺伝子がいきなりほぼ全員が遺伝子浮動を引き起こしているとは考えにくく、私たちもやはり宗教の遺伝子を持っていると考えた方が自然である。

では、その宗教の遺伝子は何を信じるようになったのだろうか。私は2000年代に入るまでは「世間」であったように思う。高度経済成長期あたりでは、「世間(小規模で表すなら会社など)」という隔絶されたものを信じることで、集団が統一化されたのは間違いないように思われる。だが、この「世間」を今信じている人はどの程度いるのだろうか?私は以前に比べて少ないように思う。悲観的なニュースが流れ、インターネットにより情報が溢れ出てしまったことで、「世間」の神性はだいぶ弱まったように思う。では、私たちは何を信じればよいのだろうか?ここで私は個人に向かうように思う。個人個人が別々のものを信じ、ばらばらになっていく。そんな時代だからこそ、私たちは「本」を通じて、自分の行動指針を持たないといけないのかもしれない。という自己正当化。