恋とか愛とかそういった曖昧なものに対する覚え書きに関するモノローグ

どうも、前回は7/29ですね。 約一ヶ月ぶりですが、モノローグしていこうと思います。 私たちはどういった恋愛小説に惹かれるでしょうか。私は三秋縋のように閉じた2人の関係の恋愛に関する小説が好きですが(思えば「狭き門」もそうでしたか?でも、読み終わ…

私が勉強してきたこと及びちょっとしたブックガイド

もしここに載っていることで気になることがあれば、話しかけていただいたらありがたいです。 【株式投資】 大学に入りたての頃にお金がこういう風にして回っているんだなと感動した覚えがあります。 参考図書 敗者のゲーム 株式投資の未来 ウォール街のラン…

恋とか愛とかそういった曖昧なものに関する覚え書きのプロローグ

おはようございます、あるいはこんにちは、あるいはこんばんは。みなさんの心のはりねずみことはりねずみです。こんばんは。最近ハリネズミさんにフォローされてみなさんの心のはりねずみがひょっとして自分以外にもいるんじゃなかろうか?なんていう余計な…

好きな人の好きなところ

その人と初めて話したとき、その人のことを好きになる予感はしていた。 それからおよそ半年経って、そのときの自分でも想像できないほど好きになっていた。 その半年間に、その人がきっかけで付き合っていた人と別れたり、個人的に苦しいことがあったり、い…

付き合うという契約が終わる時

付き合うというのは海外の事情は知らないけれども、日本の場合は《契約》に近いものだと思う。 もし、そうだとするならば、私は1つの《契約》をクリスマスイブに終わらせた。なにもクリスマスイブじゃなくてもいいのに。振った方である私でさえ、そう思った…

意味/死(後編)

(続き) よく考えたら他の学問は以前書いたことがあるような気がしたので、ここでは違う例を。 では、幸せに生きることに対して意味を求めるのはどうでしょうか? あらゆる感情は脳内における化学物質の生成や電気信号の伝達に過ぎないというのが現代の常識(…

意味/死(前編)

引き続きブログのお題を求めてるんで(時間があるとき、他にやる気が出ないときに極力書こうと思います)、気軽にリプしてもらえたらありがたいです。 さて、今回の寄せられて私なりに応えたいお題は、 ・世の人の言う「世界や人生が意味を持つ」とは? ・私の…

この世とあの世について

さてさてひょんなこと(単なる気まぐれ)で始めたブログのお題集めにたいするあくまで私なりの下手くそな返答です これをお読みの人は、もし聞きたいことがあれば気軽に#ブログのお題募集中、のツイートか単なるリプで教えてね。ゆっくりだけど、時間があると…

人はどうして恋をするのだろうか?2

やあやあ、久しぶり。とは言っても、半年ぶりくらいなのだろうか?割と長めの自分の思想が入り混じったようなブログの記事を書いたことがある人はひょっとしたらわかるかもしれないけれども、半年もあったら過去の自分が書いたブログってどことなく他人が書…

ラベリング。labeling。

最初に書いておきますが、誰かを批判しようという意思はありません。 最近Twitterを見ていると、恋人が欲しいという表現を変えたい、とか恋人という関係性では表現しきれないのにその言葉に押し込めるのは嫌だという意見をチラチラ見受ける。別にその人が間…

宗教なき私たちに関する空想(又の名を仮説)

「宗教を生み出す本能」を読んだけれども、これは宗教が人類の進化と歴史に及ぼした影響の解説本。太古では、集団が宗教を信仰することによる優位性から群選択(自然淘汰が個人レベルではなく集団レベルでも起きること)が起きていて、その遺伝子が私たちにも…

小説における文学的な美について

以前から私は一般的に暗いとされる小説が好きである(だが、明るい小説もたまに読みたくなるので、悪しからず)。例えば、最近読んだ本ならば、谷崎潤一郎の「痴人の愛」であったり、中村文則の「遮光」であったり。今読んでいるのはドストエフスキーの「罪と…

人はどうして恋をするのだろうか?1

そもそも「恋」とはどういうことだろうか?私のこれに対する答えはわりところころ変わってしまう......一番夢がないなーと自分で思う今までの自分の答えの一つは、子孫繁栄のきっかけ。やっぱり私たちは生きている以上、生物の基本的な原則である子孫繁栄と…